• ホーム
  • /
  • サービス
  • /
  • サーマル解析
Thermal Analysis

サーマル解析

services

PCBのサイズが縮小され、密集した基板の動作パラメータが増加し続け、基板やサブストレートに熱的影響を与え、最終的に相互接続の性能に影響を来します。 キャリバーは、さまざまな熱解析ツールを使用して相互接続パフォーマンスに影響を与える要因を予測し、熱境界条件と電力損失を解析することにより根底にある熱現象を克服するコスト効率に優れたソリューションを提案します。

重要事項

  • 回路基板の過度の温度による性能エラー、コンポーネントまたはシステムの損傷を防ぐ必要があります。
  • PCB基板には、内部および外部配線を含む有機および無機材料が含まれており、電子部品を物理的に支持して電気的に接続することができます。 時には、予定の性能を達成するための電力処理能力および冷却能力に対してより大きな要求があります。
  • 温度が最大動作限界を超えると、コンポーネントの動作特性が不可逆的に変化することがあります。
  • 精密な熱解析を実行することで、部品の信頼性を高め、適切な材料を選択し、熱的障害の可能性を低減し、電気的性能を保証することができます。

必要なパラメーター

  • コンポーネントの周囲温度。
  • コンポーネントと周囲のエアフロー。
  • 物理的な制約。
  • コンポーネントの消費電流。
  • コンポーネントのサイズ。
  • パッケジ材料。
  • インターコネクションのタイプ。
  • 熱冷却システムの有り無し。
  • 熱伝導率。
  • サブストレート/パッケージ、近くのコンポーネント、基板の電源密度。

納品物

  • 温度分布プロット。
  • 熱ロス又はゲインのプロット。
  • 温度勾配プロット。
  • 熱フラックスプロット。
  • 熱伝導率プロット。
  • フュージョン電流密度。
  • 平均故障時間(MTTF)。